中古マンション探しの時の不動産屋

家は地方だったのですが、わけあって都内にマンションが必要になりました。そんなに広くて高いものは買えないので、探していたのはワンルームです。こちらの不動産屋に相談しても仕方ないので、ネットによる中古マンションの売買を検索しました。検索は結構簡単で、自分に合っている条件のものを探し当てることは容易にできました。何件か目星をつけた後でこれと思ったものを探すことができました。けれども地方なのですぐに実物を見に行くことはできず、とりあえず連絡をし、見せてもらう日付を決めました。するとその不動産屋から電話があり、うちが見たいと思っていたマンションを売ってしまったというのです。約束をした2日ほど前の日のことでした。何でそんなことをするんだと聞いても、のらくらかわされ別のマンションを見せるというのです。もちろん断りました。確かに誰が買ってもその会社の取り分は同じことでしょう。ましてや遠く地方にいる私の評価などは、その会社にしてみればへでもないことでしょう。腹が立つやらがっかりするやら、しばらくはマンションの文字も見たくないほどでした。その後またインタネットによる検索で別のマンションを検索し、別の不動産屋に案内してもらい無事決めました。最初の経験があったので、次の会社も半信半疑だったのですが親切にしていただき、別の物件も見せていただいたりして信用できる会社なのだなと思いました。そこにはのちに月極の駐車場の方もお願いしました。マンション探しなどは近くの人だけが買いに来るわけではないでしょう。そういう時にどう対応するかによってその会社の価値がわかると思いました。近くに家を持っている人ばかりがマンションを欲しいわけではないのですから。遠くだから近くだからで判断されてしまっては、地方の人は中古マンションを買う機会などほとんどないことになってしまいます。あまりこういったことに慣れていなかったので、世の中には平気で約束を破る人がいるのかと思って驚きましたが、次に対応してくれたところがきちんとしていてとても良かったので助かりました。ネットに掲載されているからと言って、ちゃんとしたところなのだと闇雲に信じてはいけないことを学びました。次がありましたら(もしあったらですが)、やはりきちんと対応してくださったところにお願いしたいと思いました。こうやって信頼されるところが顧客を増やしていくのではないでしょうか。

東京の不動産賃貸物件に多く見られる部屋のタイプとは

東京の不動産賃貸物件は、1人暮らしタイプの部屋からファミリータイプの部屋まで数多く取り揃えられています。東京と言う土地柄、家賃の相場は都市部になると10万円以上になるのもよくあることです。しかし、探せば安い物件も豊富です。単身者が多い傾向にあるせいか、東京の不動産賃貸物件は、特にワンルームなどの1人暮らしタイプの部屋が多いです。家賃の負担を抑えるために、一部屋に数人で暮らすルームシェアなども若い世代には多く見られます。

Copyright ©All rights reserved.中古マンション探しの時の不動産屋.